TechnologyのExp(経験値)をUPしよう!

『TechXP(テクスピ)』は、「TechnologyのExp(経験値)アップ」をテーマに、VR/AR、AI(人工知能)、ロボット、IoT等、今後世界で欠かせないものとなる技術を、それぞれの必要に応じた形で身につけ、実践に活かせるようにするための法人向けの研修プログラムです。IT未経験者を対象にした講義や、当該技術は未経験である技術者向けの講義等、受講者のニーズとレベルに応じた講義をカスタマイズして提供致します。

VR/ARコース

VR/ARコンテンツ開発基礎研修(ゲーム・非ゲーム不問)
:VR/ARのコンテンツ開発の基礎を学ぶ研修

VRは、現実世界とは切り離した仮想空間を作り、自身がその空間にいるように感じさせるもの。
ARは、現実世界に実存する、目で認識できる情報を主体としつつ、そこにデジタルな情報を加える(拡張する)もの。
ゲームなどエンタメ業界での用途だけでなく、商品の購買意欲を高めるためのツールとして効果を発揮します。また、ビジネスとの相性も良く、実際にいくつもの企業がVR・ARを取り入れた実例も多いです。
開発にはUnityを主に使用することになり、VR・ARエンジニア以外のエンジニア職やデザイナーにも、このUnityを応募資格・歓迎スキルとしているケースもしばしば見かけます。

Vtuber(バーチャルYouTuber)コース

Vtuber(バーチャルYouTuber)開発基礎研修
 :「キズナアイ」等のブレイクで昨今話題となっているVtuber(バーチャルYoutuber)開発について学ぶ研修

170万人以上のチャンネル登録者数を記録している「キズナアイ」を筆頭としたバーチャルYouTuberが、2017年末から急激な人気を見せています。
多くの企業がこのバーチャルYouTuber事業に関心を示しています。例えば、グリー株式会社もバーチャルYouTuber事業に参入し、100億円の投資を行うことを発表しています。
今後さらにこのバーチャルYouTuber市場が活性化していくことが予想されます。

ブロックチェーンコース

ブロックチェーンとは、データベースが従来のようにひとところに集約されているのではなく、分散されている状態のことを言います。
これによって、個人情報のような外部に漏らしたくない情報は守られつつ、必要なデータは各自が共有できるだけでなく、不正を防ぐことも可能になります。
仲介の役割を果たしていた人や企業が存在しなくても、このブロックチェーンが一手に担ってくれます。

海外ではすでに、業界かけ隔てなくブロックチェーンを取り入れた数十個サービス・システムの事例があります。
今後引く手数多になる可能性があります。

AIコース

AIエンジニアの業務内容は、仕様書などの要件に沿ったプログラミングをする他のエンジニアとは全く異なります。
AIエンジニアになるには、機械学習や深層学習、いわゆるディープラーニングの理解が不可欠ですが、非常に高度かつ細かな知見が求められます。
経済産業省によると、2020年にAIエンジニアが4.8万人も不足するという予測をしていますが、見方を変えると、わずか数年でAIやAIエンジニアというものがそれほど浸透しているということです。
GoogleやPepperが、まさに人工知能を取りれた例としては有名ですが、既に飲食店やスポーツ店での導入事例も増加しつつあります。
海外では年収5000万の求人や新卒でも1000万は下らない求人があり、日本でも1000万、2000万の求人募集が存在しています。